事業用ビル建設をしたが、事業計画変更で経営が傾いた例

業種 機械製造業
規模 人員 10名超(最大)、資本金 1000万円
負債 債権者15名程度、債権額8000万円

事例内容

代表者は、業界大手に長年勤務していたが、同僚らと独立起業した。
堅実な経営手法、もともと有していた人的ネットワークを駆使したこともあり、起業後15年以上安定した経営状態であった。金融機関からの融資も幾度となく前倒し完済し、金融機関からの信用も強く、融資の誘いは絶えなかった。

 

そんな折、事業をより拡大する計画があがり、金融機関の強い押しもあって、所有する工場を一時的に移転、その場所に事業用ビルを建設することになった。
ビル完成後当初の予定通り、全フロアを当法人が利用して経営規模を一気に拡大し、売上も過去最高を記録した。

 

ところが、数年後、共同経営者間で経営方針をめぐる対立が発生、修復することもできず相手方が退社することとなった。最終的には円満退社という形ではあったが、それに伴い事業の縮小をすることは免れず、ビルの大半を賃貸に回すこととなった。
もともと賃貸にすることは考慮していなかったことから、交通の便や設備環境等に優れているとはいえず、空室のままの期間が長くなりローン負担が増していった

 

当法人の破産に至った直接の原因は、売掛先の倒産等他にもあったが、上記の事業計画変更に伴うローン負担増が強く関与していることは否めない。
最終的には、代表者個人とともに破産し、代表者個人は住居・別荘を失ったものの、無事免責を得られ、現在も同業種仲間から乞われて働かれているもよう。

初回相談0円。お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください。

####

当事務所の解決事例の一例を検索する

業種
  • 建設工事・内装
  • 飲食
  • 美容エステ
  • 製造
  • 介護
  • IT・教育・通信
  • 運送
  • その他
負債額
  • 1,000万円以下
  • 1,000万~5,000万円
  • 5,000万~1億円
  • 1億円以上
債権者数
  • 10名以下
  • 10~50名
  • 50~100名
  • 100名以上
従業員数
  • 0~5名
  • 5~10名
  • 10~30名
  • 30名~
経緯
  • 資金ショート
  • 人手不足
  • 税負担
  • その他
代表者の手続き
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理
  • その他

当事務所の解決事例の一例を検索する

業種

  • 建設工事・内装
  • 飲食
  • 美容エステ
  • 製造
  • 介護
  • IT・教育・通信
  • 運送
  • その他

負債額

  • 1,000万円以下
  • 1,000万~5,000万円
  • 5,000万~1億円
  • 1億円以上

債権者数

  • 10名以下
  • 10~50名
  • 50~100名
  • 100名以上

従業員数

  • 0~5名
  • 5~10名
  • 10~30名
  • 30名~

経緯

  • 資金ショート
  • 人手不足
  • 税負担
  • その他

代表者の手続き

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理
  • その他