倒産処理の種類

この記事を読むのに必要な時間は約0分53秒です。

倒産処理の種類

倒産手続きには、裁判所を通した法的手続きと裁判所を通さない私的整理に分けられます。

法的手続きとは

法的手続きの中には、事業を終わらせる「破産手続き」と、破産以外の事業を終了させる「清算型の手続き」があります。事業を継続させるには、「会社更生」「民事再生」といった手続きがあります。

私的手続きとは

裁判所を通さない任意整理という手続きもあります。債権者と月々の借金の返済額の交渉をしたり、返済期間を延ばしたりといった交渉をしていく手続きです。柔軟に交渉できるメリットもありますが、債権者の中の大口のところに振り回されたり、整理屋という不法集団が暗躍する危険性など、デメリットがあります。

倒産処理の種類のまとめ

破産の手続き

The following two tabs change content below.
アバター

大江戸下町法律事務所

今、皆様は、作り上げ、或いは承継した会社をどうするか、悩んでおられるはずです。 会社そのものだけでなく、従業員、仕入先、得意先への想いもよぎるでしょう。会社を破産させるか否か、迷うと思います。 しかし、ここで、解決を先延ばしにして「逃げて」も、余計に迷惑をかけるだけです。会社を起業や承継をしたときに「逃げなかった」ように、再び、会社破産を「逃げずに決断」してください。それが、皆様と同じ、経営者としての、私からの願いです。
初回相談0円。お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください。

####