株式会社O

依頼者属性

会社:消防設備の販売、設置業 
個人:代表者 
負債額:約620万円
債権者:5名

 

事例内容

上記の件は、ご相談時には既に会社の仕事は終了しており、同業を個人で継続していた事例です。

代表者は、個人の自宅を有していたため、法人については破産、住宅については個人再生、を希望していました。
法人については破産、個人については「住宅ローンを除いて5,000万円以下」でしたら個人を個人再生する方法は十分可能です。よく問題になるのは、法人の銀行への債務が7,000万円程あり、その保証をしている場合で、その時は5,000万円以下という個人再生の条件を満たしていないので出来ません。本件では問題なく出来ました。
しかし、本件では会社の事業を個人が事実上引き継いでしまっていることが営業譲渡にならないか、法人の財団(管財人のお財布)に、個人が会社から営業譲渡してもらった利益をお金として支払わなければいけないかどうか気になるところでした。
しかしながら、会社としては数年間、赤字決算である事、引き継いだといってもそれほどの規模ではないことから特に問題視されず、無事法人を破産し、個人再生は認可されました。

他の事例を見る >>

 

初回相談0円。お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください。

####