プライバシ―ポリシー

この記事を読むのに必要な時間は約2分6秒です。

個人情報・機密情報保護について

1. 個人情報の適切な取得

 当法律事務所は、個人情報を適切な方法で取得し、取得に際し、ご本人に対して利用目的を明示いたします。

2. 個人情報の利用目的

当法律事務所は、個人情報を以下の目的で利用し、その利用目的の達成に必要な範囲でのみ個人情報の取り扱いを致します。

・弁護士業務のため

・当法律事務所が行う勉強会、講演会、セミナーその他の催し物等のご案内

・書籍、論文、事務所報その他当法律事務所関連情報のご送付及び送信

・アンケート、統計・各種マーケティング調査の実施

・年賀状等、その他当法律事務所からのご挨拶状のご送付及び送信

・当社事業に関する品質、サービス向上に関するコンサルサービス委託のため

・お問い合わせに対する対応のため

・その他、上記の利用目的に付随する一切の目的のため

3. 個人情報の正確性の確保と安全管理

当法律事務所は、個人情報を扱うに際し、上記の利用の目的を達成する範囲で個人情報を正確・最新の内容に保つように努め、安全管理措置を講じ、従業者を監督します。

4. 個人情報の第三者に対する提供

当法律事務所は、個人情報保護法その他の法令を遵守し、あらかじめご本人の同意を得なければ、第三者に個人情報を提供することはありません。

5. 個人情報の開示、訂正、利用停止

当法律事務所は、ご本人からのお申出があった場合には、個人情報保護法の定めに従い、個人情報の開示、訂正、利用停止などの措置を講じます。

なお、ご本人からのお申出の際には、ご本人であることを確認させていただき、お申出の内容によっては、個人情報保護法の定めにより、開示等を拒否できる場合がありますので、予めご了承願います。

6. 個人情報に関するお問い合わせ

個人情報に関するお申出、ご意見、ご質問、苦情その他のお問い合わせは、下記までご連絡ください

Email:i-ooedo@zpost.plala.or.jp

以上

The following two tabs change content below.
アバター

大江戸下町法律事務所

今、皆様は、作り上げ、或いは承継した会社をどうするか、悩んでおられるはずです。 会社そのものだけでなく、従業員、仕入先、得意先への想いもよぎるでしょう。会社を破産させるか否か、迷うと思います。 しかし、ここで、解決を先延ばしにして「逃げて」も、余計に迷惑をかけるだけです。会社を起業や承継をしたときに「逃げなかった」ように、再び、会社破産を「逃げずに決断」してください。それが、皆様と同じ、経営者としての、私からの願いです。
初回相談0円。お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください。

####